幼児向けの理科実験が人気でブーム

最近よく耳にするのがサイエンス教室であったり理科実験教室などが聞かれるようになっています。大手進学塾早稲アカでは小学生以下の対象クラスを設け最近開口したばかりと、そして大塚四ツ谷でも小1年生からの冬季限定クラスを設けるなど理科ラッシュでもあるようです。

 

その様な専門とした塾や教室などは一昔前までは見られず、夏休み企画での1日体験版などは毎年どこかで行われていたのが子どもの頃の記憶に残っています。小学生や中学生対象であったのが現在では幼児の頃から科学の力を体験できるとなっていますので、親御さんたちも注目しているのではないでしょうか。

 

そのため昨今では幼児向けの理科実験がブームとなっているわけですが、果たしてどのようなメリットがあるのか知りたいところでもあります。現在我が子の成長を楽しみとし色々な可能性を引き出してあげたいと願う親も多くいる中、興味のある教室となることでしょう。ここでは口コミ評判を交え幼児の理科実験の必要性に迫ってみたいと思います。

 

「なぜ?」「どうして?」に応えるために!

 

理科実験を専門としている教室は現在多くあり、まだまだ増えつつありますがそこで学ばせることのメリットは多々あるようです。その中で共通していることが体験して学ぶということのようです。特に幼児でもある年中、年長さんになると好奇心旺盛となり、なんでも自分でやりたがり自我も強くなることが特徴でもあります。ですのでこの時期の体験、経験は大変貴重なもので、これからも有効となるものと言えるようです。

 

1.実験を通して想像力、探究心が芽生える
2.身近な不思議を通して科学に触れることができる
3.五感をフルに使った体験から知性が芽生え視覚だけではなく、におい、味、手触りを使い楽しく体幹することができる
4.意欲、知識、理解、思考力、実験技能に関して発達段階に応じたカリキュラムとなっているため子どもの理解を深めることができる
5.身の回りのことや現象に対して科学的な見方や考え方が育む
6.自ら考える力、失敗しても更に考え乗り越える力が養える

 

この様にぺーパーではなく体を使い遊び感覚で科学を学べる環境は、今までにない幼児教育の一貫でもあるようです。教室によっては小学生以上というところもありますが、現在では年中からのクラスを設けているところも増えているようです。

 

そしてたいていは親御さんも一緒に実験に参加したりとするところとなっていますので、子どもも安心して取り組むことができるようです。近年では理科離れと言われていましたが、この様な取り組みによって将来ノーベル科学者の誕生とまではいかないとしても子どもの成長課程においてプラスになることは間違いないようですね。