成城学園初等学校の特徴って何か?

自由な校風と特色ある独自の教育内容によって日本の私学教育のなかで高い評価を受けている学校でもあるようです。1917年大正6年に創設され2017年には創立100周年を迎えようとしている伝統ある学校でもあります。ですので人気もあり授業料が高くても我が子をぜひ通わせたいと願っているお母さんも多いのではないでしょうか。子どもを中心に考えた学校づくりを目指しているところでもあり、自由な学習環境の中では「豊かに感じる心」「深く考え想像し、表現する力」を育てることに努めているところとなっています。ここでは成城学園初等学校の特徴を口コミ評判を交えて紹介したいと思います。

 

自然の中での経験や遊びを大切に!

 

この学校は緑豊かなたくさんの自然に包まれたところとなっており、四季おりおりの色鮮やかな風景となっています。子ども達の好奇心を引き出し、かきたてられるところが多くあり、自然が教えてくれる学びの場でもあるようです。例えば地獄谷やひょうたん池、グリーンベルトなど緑溢れる中で触れ遊ぶことができる空間がたくさんあるようです。

 

そしてこの学校の特色でもある教科の一つが「散歩」でもあるようです。子どもたちの経験を豊かにする授業として目的を持たないぶらぶら散歩は自ら感じるとることを大切とし、歩きながら様々なものに興味をもち発見することで情緒豊かに人間性を深めることを目的としているようです。なんとも独特な教育方針でもありますよね。

 

多彩な情操教育

 

ここでは散歩以外にも様々な聞きなれない教科があり、発達段階に応じた教科編成が考えておりそれには「劇」「舞踊」「映像」「遊び」などがあり、それぞれには独自性のあるカリキュラムで指導が行われているようです。その中でも遊びの授業では経験を豊富にしていく時間として、伝承遊びや自然の中で遊んだりすることで楽しさを経験し集団生活に馴染むことも目的としているようです。

 

一見意味のない無駄な時間に思えるような時間も子どもたちには大切な時間でもあり、人間形成の基礎になると考えて実施している科目でもあるようです。そして成城学園初等学校の特徴としてワンキャンパスならではの垣根を超えた触れ合いができることがあげられるようです。幼稚園から大学まで揃う恵まれた環境の中で豊かな人間性を育むことも期待できるようです。

 

こちらの学校では全職員、全保護者みんなで子どもたちを見守り育てるとして、親たちも教育に関わることで三位一体となり子どもの授業風景もいつでも見学でき、先生との関係も蜜となり情報を共有することができるようになっています。そのため卒業する際にはこの学校に入学させて良かったという人が多く見られ、この教育方針に共感をもたれる人も多く教育関係者においても注目している学校でもあるようです。

 

そして成城学園初等学校の倍率は高く、入学するための受験対策として幼児教室選びも大切となってきます。多くの教室がある中、後悔することなく最適なところを決める際にはいくつか比較することをおすすめします。