青山学院初等部の受験対策ならコレだ!

東京都渋谷区にあり1937年に設立し約80年近くとなる伝統ある私立小学校となっています。こちらの小学校では多くの芸能人などが出身校としていますが、特に歌舞伎界の人が多く卒業されているようです。そして現在もその2世であったり、タレントの子息も通う姿が見られるといった人気の学校でもあるようです。

 

特徴的な所と言えば青山学院全体と同様にキリスト教の教えをもとにしているため、毎日礼拝があるなど独自の教育方針となっています。そしてここではランドセルではなく、手作りの通学バックを使用させたり、また食育も実践しており季節の食材を子どもに教えるなど食物の大切さなどの教育にも力を入れているようです。

 

そんな青山学院初等部の受験対策に注目している人もいることでしょう。学校の教育体制やプロジェクトに魅力を感じ、我が子をどうしても入学させたいと願う人も多いようでもあります。ここでは口コミ評判を交え成功するための情報を紹介したいと思います。

 

絶対に合格するための秘訣!

 

青山学院初等部の倍率はかなり高く難関校の一つでもあります。そのため殆どの子どもが幼児教室や塾などといったところに通うのが一般的でもあるようです。何もせずに合格した人はあまり聞かれないというようりも、聞いたことがないという人が多いようですね。ですので小学校受験には専門の教室は欠かせないものでもあるようで、合格するためには塾選びも大切となるようです。

 

良い教室を選択することで志望校の情報を細かく知ることができ、第一志望にあった対策を立ててくれ先生のアドバイスを受けながら、取り組むことができるとなっています。そして幼児にとっての面接は特に初めての場合には委縮してしまい、話ができなくなってしまうことも考えられます。子どもの慣れは重要なことで塾のトレーニングによりクリアすることが可能となるようです。

 

そして青山学院初等部の試験項目はH27年度においては適正検査A個別とB集団の両方があり、両親での面接が行われる予定となっています。Aでは言語表現能力や多角的に物事を見る力、忍耐力、諦めない気持ちなど観察されます。そして口頭で応える課題もあり、普段の生活の中でも物事を説明する際には詳しくお話できるよう心がけることが必要でもあるようです。

 

適正検査Bではグループでの行動となり、コミニケーション力やお友達と仲良く協力して支持されたことができるか問われるようです。ですので家庭の中でも約束ごとやお手伝いなども、積極的に行わせることも一つの対策でもあります。教室だけに頼るのではなく普段の過ごしかたや言葉遣い、生活習慣にも気を配ることも大切でもあるようです。

 

最後に両親の面接も大事となり教室によって学校別の質問など準備し、模擬的な面接を実施しているところもあるようです。そして答え方やその学校に合った身なりなども、講習など通して知ることができるとなっており親の受験対策も必要となるようです。