カナダに幼稚園から留学する意味

一昔前では幼児が海外へ留学するなんて考えもしませんでしたが、近年では国際社会の広がりと共に英語能力とコミニケーション力の必要性により、小さい頃から本場海外で身につけることができるとして注目されているようです。以前は高校性や大学生の一時留学が主流でもありましたが、まだ3,4歳からの子どもが親と一緒でありながらカナダへしばらく滞在となると驚く人もいることでしょう。ここでは幼稚園からの留学カナダの評判やメリットなど紹介したいと思います。

 

世界で住みやすい都市バンクーバーで!

 

2010年の冬季オリンピック開催地でも知られているバンクーバーは夏では暑くなく、冬では寒くない気候となっているようです。寒いイメージがあるカナダですが、この地域は温暖な街としても知られています。空気がキレイで大自然を身近に感じることができる自然豊かな街は、窓からも見える山や海、川に恵まれた環境となっており子どもをのびのびと育てるには最適なところでもあるようです。

 

移民によってつくられた新しい都市では人種差別もなく世界中からバランスよく人種が集められており、アジア人は全体の30%となっているようです。安全性、教育水準の高さ、街の美しさ、健康面、、政治、経済の安定面、交通の便利など統計し分析の結果世界で最も住みよい地域として2008年エコノミスト誌によって1位を獲得したこともあるところでもあります。学習面や情操教育に力を入れている家庭が多い地域でもあるようです。

 

カナダ親子留学専門会社は現在では多々見られ様々なサポートサービスとなっており、安心して滞在することができるようになっているようです。親子留学では短期や長期があり0歳~小学校入学までですと保育園(デイケア)、幼稚園(プレスクール)となります。1週間~1ヵ月の場合ですとたいていはホームスティとなり、長期の場合ですと長期滞在型家具付きべースメントでの自立した生活が行えるところをセッテイングしてくれる会社もあるようです。

 

そして夏休みだけの期間限定の滞在のコースもあり、英語に親しみ違った生活環境、習慣など体験することができるとなっているようです。現地幼稚園にプチ入園も可能となりその中で健やかに遊び自然に学ぶことが期待できるようです。

 

この様に現在では幼い子どもからの海外留学が浸透しつつあり、そのまま小学校から高校まで滞在するという人も見られるようです。そして日本ではまだ遅れている英語教育の一歩先ニ歩先と進むことができ、近年の国際化に乗り遅れることなく、社会へと貢献することもできる人間として成長できることが期待できるようです。現在では幼児海外留学を斡旋している会社がありますので、いくつか参考にし比較して決めることをおすすめします。